常勤と非常勤、それぞれの働き方によるメリット

看護師の常勤と非常勤について

どのような形で看護師として働くかは人それぞれではありますが、大きく分けると常勤か非常勤のどちらで働こうと思っているのかよく考えましょう。このふたつの大きな違いといえば、やはり常勤として働いたほうが安定性が高いということが挙げられます。

残業があったり、休日出勤になってしまうこともありますが、給料の面でも安定していると言えます。 また、産休や怪我・病気に関する休暇についても保障があるので、安定した働き方をしたいと思っているのであれば非常勤よりも常勤のほうがおすすめですね。

だからといって、非常勤はメリットがないのかというとそうではありません。プライベートを優先させて働きたいと思っているのであれば、常勤よりも非常勤という働き方のほうが向いているでしょう。

看護師といえばサービス残業をしなければならないイメージがあるかもしれませんが、非常勤として働く場合はほとんどサービス残業のことを気にする必要がないのです。

確かに、常勤と比べて昇給や退職金がないといったデメリットはありますが、常勤として働いている看護師の中には、給料の高さよりもしっかりとした休みのほうが大事だと感じる人もいます。職場によってはかなり過酷な環境で働かなければならないこともあるので、無理をすることなく働きたいと思っている人は非常勤のほうが向いていますね。

子供が小さくて一緒に過ごせる時間を優先させたいと思っている人は非常勤、まだ結婚の予定はないから今のうちにしっかり稼ぎたいと思っているのであれば常勤といった形で、人によって最適な働き方は違います。

常勤として働いていたものの忙しすぎて体調を崩してしまい、転職をして非常勤として働いている人もいるようです。逆に、非常勤ではなかなかお金を貯めることができず、常勤として転職をしたところ、たくさん貯金をすることができたという人もいます。

どちらの働き方を選択するか迷っている場合は、給料と休みのどちらを優先するか考えてみるとわかりやすいです。