肌に影響が出やすい看護師の仕事

看護師を悩ませるお肌トラブル

医療の現場で清潔でいるために、看護師は常に徹底した手洗いを行っています。もしも手を洗わず細菌が付着した手で患者さんに触れてしまった場合、自分の責任で患者さんを苦しめる結果になってしまうからです。

勿論看護師の意識の低さが招いたことになりますが、そのような看護師を雇った病院の責任は重いです。病院の信頼も地に落ちてしまうでしょう。

このような状態を招かないためにも、患者さんに万が一のことを引き起こさないためにも、看護師は手洗いを怠ることはありません。頻繁に手を洗うだけではなく、アルコール消毒などで滅菌しながら手を清潔に保っています。ですがその所為で常に肌荒れが看護師たちを悩ませているそうです。

きちんと消毒を行うほどに手荒れはひどくなりますし、仕事や普通に生活するうえでも問題が起こります。手荒れがひどくなれば出血してしまう事がありますし、そうなると医療器具を使用するとき困ってしまうでしょう。

患者さんに医療器具をしっかり利用することも出来ないため、正しい看護をする事が難しいです。手袋をして器具を利用しても結局終わった後の手洗いで傷が痛み、仕事にも支障が起きてしまいます。

病院によっては手荒れ予防のために尿素入りのハンドクリームを用意してくれたり、手荒れ様の手袋などを用意してくれているところもあるそうです。看護師が的確な医療行為が出来るサポートをしてくれているのは有難いことですよね。

手荒れのほかにも、看護師のお肌トラブルは存在します。夜勤が頻繁にある看護師は、生活リズムが整わないために寝不足に陥りやすいです。睡眠不足はお肌へと直結し、肌荒れが生まれます。看護師として採用されたときは美肌だったとしても、すぐに肌荒れが始まってしまうでしょう。

手荒れに関してのサポートは病院で取ってもらえたとしても、流石に肌荒れまでは難しいです。自分のお肌のコンディションは自分で守るしかありません。

規則正しい毎日を過ごす事が出来なければ、勤務時間を考えた生活に切り替えたり、お肌に良いと言われる栄養素を摂ることなどで、肌荒れの改善を進めていってください。喫煙している看護師さんや、職場にまつわるストレスが蓄積している看護師さんなども、肌荒れの原因を見つめ直す事で肌荒れを軽減して行きましょう。

美しい手やお肌を持った看護師さんは、患者さんへと安心感を与えてくれるものです。健やかなお肌の持ち主ということは自分のケアもしっかり行えているという証でもありますし、自己管理が足りていない人はまず人のことよりも自分を見つめ直すことも重要と言えます。

お金の力でどうにかすることを勧めているわけではありません。意識を変えて、自分の中から変える努力をしてみましょう。